FC2ブログ

ラ・ファソン古賀

今日はお料理の生徒さんと代々木上原にランチに。

行こうと思っていたリストランテが移転していたため
急遽、近くの「ラ・ファソン古賀」に。
住宅街の中にある、ちいさな落ち着いたレストランです。

冷製のコーンスープ、焼きトウモロコシのピュレと
コーンフレーク、黒こしょうの風味。
トウモロコシの甘みが深く、粉状のコーンフレークの
歯ごたえがアクセントになります。
IMG_1317_convert_20140716232343.jpg


サーモンのポワレ、クミン風味ラタトゥイユ。
IMG_1320_convert_20140716232802.jpg


ソースキュリー(カレー)豚バラ肉の白ワイン蒸し煮。
ここのレストランの定番のカレーだそうです。
具のないサラサラカレー。
たくさんの野菜、肉の旨味を抽出し、たくさんのスパイスで
味付けをしていて、深い味わいだけどとってもさっぱりしているカレーです。
IMG_1318_convert_20140716233106.jpg



杏のアイスクリームとガトーショコラ

パリに旅行に行った時のお土産をいただきました。
なんと、金粉がまぶしているSale!お塩です。
とってもきれい!でおもしろ〜い!
IMG_1330_convert_20140716234414.jpg

お料理の最後の仕上げのアクセントで
見せるお塩で使いたいですね♬

スポンサーサイト

BISTRO 間 ビストロ あいだ

一昨日、友達と恵比寿の路地裏にある
隠れや的なレストランでDinner♬
「BISTRO 間」ビストロあいだ。

旬の厳選された美味しいお野菜を
ふんだんに使った本格的なフレンチ。

丁寧に調理されたお料理は
お皿のキャンバスの上でアート。
見た目も美しく、お味はさらに洗練されたフレンチ❤

アミューズは「シェフからの贈り物」と題して
フォアグラのソフトクリーム風。
小さな小さなソフトクリームは、
フォアグラとパンナでクリームのようななめらかさ。
甘いコーンと相性が❤

前菜はAidaスペシャリテのお野菜のパフェ
たくさ〜んのいろんな野菜に、アスパラガスのムースに
コンソメのジュレ。下にはズワイガニのフレーク。
IMG_0562_convert_20140608181553.jpg


ふたつめの前菜は弓豚のハム。確か低温でゆっくりと
時間をかけて調理しているので、とてもやわらかく
きれいなピンク色。マッシュポテトや、
パイナップルのピューレと、とっても合います。
IMG_0563_convert_20140608181822.jpg


ジェノヴェーゼのリゾットにイカやお野菜。
揚げてあるお米がとってもいいアクセントになって
美味しい。
IMG_0566_convert_20140608182119.jpg


炭火焼の鴨肉に、フォアグラのソテー。
濃厚なブルーチーズとマスカルポーネのケークサレ。
上には、ラズベリーやサクランボのコンポート。
とっても柔らかい鴨肉に深い味わいのケークサレに
甘酸っぱいコンポートの組み合わせがBuonissimiiiiiiii~❤
IMG_0570_convert_20140608182338.jpg


最後のデザートは演出もありDolce好きには
たまりません♬
チョコレートの下にはオレンジパルフェ。
そこに温かいアニス風味のソースを注ぐと
チョコレートがいい具合に溶けて、パルフェとまぜていただきます。
IMG_0572_convert_20140608182612.jpg

お皿の左側のある丸いオレンジ色のものは
杏のピューレを薄いゼラチンで固めたもの。
お口に入れた途端に、薄いゼラチンの皮がはじけて
杏のピューレが溢れ出てくる。
あ〜しあわせ❤

最後、帰る時にはシェフからのささやかな贈り物で
「紅はるかとナッツのフィナンシェ」をお土産でいただきました❤
IMG_0587_convert_20140609141820.jpg


ビストロのソムリエ、スタッフの方も
とても親切で感じがよく、スマートな対応でした。

とても心地よい空間で
こんなに素晴らしいお料理。
なのに、なのに
とてもコストパフォーマンスがいいのです!!
夜はこの「シェフのおまかせコース」のみですが
4,250円!!信じられません。

絶対にリピーターになっちゃう❤

Ristorante Stefano リストランテ ステファノ

先日、友達と神楽坂にランチに行きました。
イタリアンのRistorante Stefano
リストランテ ステファノ。

その昔、イタリア人のパパ友から紹介されたところ。
イタリア人のお墨付きなので、もちろん
本場北イタリアの味です!!

シェフのステファノさんは、Veneto州ヴェネト出身なので
Risottoは、絶品です。
他にヴェネトの郷土料理の
Bigoli in salsa(ビーゴリ イン サルサ)
玉ねぎとアンチョビのパスタや
Salde in saor(サルデ イン サオル)など
あります。

手打ちパスタも美味しく、
本当のイタリアの味です!!

この間のランチには
Antipastoに、いわしとズッキーニのフリットと、とりレバーのパテ
IMG_0455_convert_20140607150205.jpg

Primoには、ホワイトアスパラガスのリゾットと
Bigoli in salsa 玉ねぎとアンチョビの極太パスタ(Bigoli)
を友達とシェア。
IMG_0456_convert_20140607153810.jpg

お店の雰囲気もイタリアにあるリストランテのようで、
ステファノさんの優しいお人柄と
本場のイタリアの味が恋しくなると
ここに来ます❤

be'pocah cocina peruana ベポカ ペルー料理

先々週、神宮前にある「be'pocah」ベポカ という
ペルー料理のレストランに行ってきました。


ペルー料理というと日本では馴染みが、まだうすいですが、
最近、欧米では南半球のペルー料理に注目しているようです。
「世界のベストレストラン50」ランキングで
去年、最も躍進したのはペルー料理です。

南米料理というと、肉、豆、ジャガイモというイメージですが、
ペルー料理は実は魚介料理が豊富です。
また、昔スペイン人の上陸後、いろんな国からの移民がきているので
いろんな食文化が複合しているそうです。

「アヒ」と呼ばれる唐辛子の種類がいろいろとあり、
それらと、とうもろこし、コリアンダーを使うのがペルー料理の特徴です。

CIMG3175_convert_20140215172805.jpg
ペルー料理の代表のセビチェ。唐辛子、ライムで鮮魚をマリネした料理。トラディショナルなタイプや、黄色い唐辛子クリームや、ちがう唐辛子クリームなど、3種類のセビチェ。ちょっとだけ辛いけど、後を引く美味しさ。トウモロコシと、お芋と一緒にたべるのが、トラディショナル。

CIMG3176_convert_20140215172911.jpg
「Causas」カウサ。ライムと唐辛子風味の、ズワイガニを挟んだマッシュポテト。辛くないです。

CIMG3177_convert_20140215173010.jpg
「Rocoto relleno」ロコト・レジェノ。パプリカのように見える唐辛子の豚肉の詰め物。美味しい♬

CIMG3179_convert_20140215173113.jpg   CIMG3180_convert_20140215173205.jpg
左側が、「Lomo saltado」ロモ・サルタード。牛ヒレ肉、玉ねぎ、トマト、フレンチフライ、コリアンダーの炒め物。ごはんと一緒にいただきます。ビーフシチューのような味で、美味しい。隣にいたスペイン語を話す外国人グループの方たち、みんなこれを食べていました。
右側は、「Cau cau」カウカウ。ジャガイモとハチノス、ミント、唐辛子の煮込み、あっさりとしたカレー味。これもごはんといただきます。

CIMG3182_convert_20140215182611.jpg
「Helado de lu'cuma」ルクマのアイス。ルクマという、ペルー(南米)のフルーツのアイス。ねっとりとした食感が少しあり、カボチャやサツマイモのような甘さがあります。

そうです、ペルー料理には、有名なペルーの蒸留酒「Pisco」ピスコを使った
「ピスコサワー」があります。卵白を使った、少し甘いカクテル。
これも、美味しかった♬

まだまだ、食べてみたい気になるお料理がいろいろとあったので
また、行っちゃいますね、きっと。











le Clos Montmartre ル・クロ・モンマルトル

昨日、サンパウロ駐在で一緒だったお友達と
神楽坂にあるビストロでランチをしてきました。

「le Clos Mont martre」ル・クロ・モンマルトル。
CIMG3147_convert_20140131103910.jpg
フランス人のソムリエがオーナーのビストロです。
ギャルソンにフランス人の方もいて、お客さんにもフランス人の方が多く、
あちこちでフランス語が飛び交っていました。

CIMG3149_convert_20140131105038.jpg
アンディーブ(チコリ)のグラタン
アンディーブのほろ苦さと、ハムと、クリームソースがホッとする美味しさ。


CIMG3151_convert_20140131105306.jpg
甘鯛のポアレ

           
CIMG3152_convert_20140131105514.jpg
カスレ
白インゲン豆と、豚肉や羊肉、ソーセージ類を
土鍋で煮込んだ南地方の郷土料理。
お肉も柔らかく、お肉類の旨味がにじみ出てました。



CIMG3154_convert_20140131105816.jpg
りんごのタルト



CIMG3155_convert_20140131110210.jpg
イチゴのタルト

両方のタルトの、生地がとても美味しく
りんごの方のフィリングも、
イチゴの方のカスタードクリームも
品の良い甘さで本当に美味しかったです❤
















プロフィール

frua

Author:frua
イタリア家庭料理教室(Cucina Italiana Via Frua)主宰の緒方美智子のブログ

公式ホームページ

お料理教室のこと、日々のできごとを書いてます。
インスタグラムはじめました。
http://instagram.com/
michiko_ogata_viafrua

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR