FC2ブログ

Confettura di arancia sanguinellaブラッドオレンジのコンフィチュール

シチリアのオレンジのブラッド・オレンジはイタリア語では、arancia di sanguinellaアランチャ ディ サングイネッラと言います。sangueサングエは血の意味。冬の1月ごろから4月の終わり頃までが真っ赤な色になり、この時期を過ぎるとまた、普通のオレンジ色になります。


イタリアではこの時期にspremuta d'aranciaスプレムータ ダランチャ(フレッシュオレンジを絞ったジュース)をBarなどで頼むと真っ赤っ赤な深紅のオレンジジュースがでてきます。冬から春にかけての期間限定です。それ以外の時期で出てくる赤いオレンジジュースは加工されたパックのジュース。なので、この時期にイタリアに行く際には、ぜひスプレムータ ダランチャを頼んでみて下さい。
IMG_3021_convert_20150530133911.jpg

ここ数年前から日本でもこのブラッドオレンジが栽培されるようになり小ぶりですが手に入るようになりました。
出始めの時期は真っ赤な果肉のオレンジで、コンフィチュールもきれいな深紅でできあがりました♬
IMG_3050_convert_20150530141021.jpg


そろそろ時期が終わりの頃に急いで買ってまたコンフィチュールを作りましたが赤い部分はかなり減っていて、出来上がりはオレンジ色に・・・・。

色は変わってもお味は変わらず美味しい♬
たくさん作ったので、お友達たちのところへお嫁入り。
お友達のお嬢さんはパンには付けずに直接、食べちょうのよ〜と。
それもまた、嬉しい♬

IMG_3209_convert_20150530140125.jpg


IMG_3246_convert_20150530135754.jpg
スポンサーサイト

Confettura di kumquat 金柑のコンフィチュール

先日、金柑のコンフィチュールを作りました。
皮にはスペリジンというビタミンが多く含まれ咳や喉の痛みに効果があると言われています。

IMG_2688_convert_20150226092105.jpg

まるのままの金柑の甘露煮も好きだけど、私は甘くて美味しい皮を最大限に活かしたいので、大きめにカットしてコンフィチュールに。バゲットやヨーグルトと食べるのも美味しいけど、おすすめはフレッシュチーズと一緒に。

IMG_2700_convert_20150226093636.jpg

この日は、イタリアチーズのゴルゴンゾーラと、フランスのシャンパーニュ地方のシャウルスと。ワインがすすみます♪バゲットにレバーペースト+金柑コンフィチュールもおすすめです♪
prova ♪

IMG_2702_convert_20150226093856.jpg

Confettura di Fragola いちごのコンフィチュール

昨日、あまおうの苺でコンフィチュールを作りました。

IMG_2637_convert_20150217153828.jpg

ミセス・ベリーのレッスンの復習。
いちごのコンフィチュール、
いちごとお砂糖で煮ればいいだけ?
いえ、いえ、美味しいコンフィチュールを
作るのには奥が深〜〜〜〜いんです。
お砂糖を入れるタイミングや、
煮ている時のフツフツ、グツグツの音、
などなど・・・。
難しくはないからこそコツがある。

今回はちょっと低い糖度で煮るのを止めたので
とろみがゆるかった。

でも、すぐに食べちゃうから
また、近日中に再チャレンジします♪

IMG_2659_convert_20150217154038.jpg


Pomodori sechi sott'olio ドライトマトのオイル漬け

Buon Natale!!
メリークリスマス!!

きれいな赤で、柔らかいドライトマトを見つけたので(日数が経過しすぎていると赤色が黒っぽく、固くなっているの注意)、昨日の昼間に早速、ドライトマトのオイル漬けを作りました。

IMG_2407_convert_20141225101801.jpg

市販のものは塩分が強く感じるので、自分で作った方が簡単で美味しいからおすすめです。
また、最後に残ったオイルにはドライトマトの美味しい風味が移っているので、サラダにかけても美味しい。

IMG_2414_convert_20141225103659.jpg

[ドライトマトのオイル漬けの作り方]
1。お鍋にお湯を沸騰させてお酢を大さじ1加え、ドライトマトを15分茹でる。

2。ドライトマトをざるにあけ、キッチンペイパーの上に1枚づつ内側を上にして並べその上にキッチンペイパーをかぶせ、押しながら水気をよく切る。

3。あればドライオレガノをふりかける。ドライトマトを2枚1組で内側同士で重ねる。

4。煮沸消毒した瓶に縦に重ねて詰める。途中でローリエや、ケイパー、オレンジの皮など好みで入れる。

5。オリーブオイル(ひまわり油でもOK)をドライトマトが被るまでたっぷり注ぐ。1週間経てばOK。

食べる度にオイルを注いで、ドライトマトがオイルに浸かっている状態にし冷蔵庫に入れておけば、かなり日持ちはします。

そのまま食べてももちろん!パスタのソースやサラダにも。特にわたしはこのドライトマトとタレッジョチーズを重ねたブルスケッタが大好き♬ お試しを♬

Marmellata di rabarbaro(Autunno)秋のルバーブのジャム

ルバーブは春と秋に収穫ができ
春のルバーブは酸味が強くみずみずしく、
秋のルバーブは赤い色が一段と際立ち
深い赤になり、酸味も和らぎます。
IMG_1930_convert_20141010192451.jpg

そんな秋のルバーブでまたジャムをつくりました。
IMG_1932_convert_20141010192641.jpg


本当にきれいな深紅のルバーブ。
青みがかった赤はヨーロッパの赤。
このルバーブは、日本では長野県富士見町でしか
栽培されていない非常に珍しい品種です。
新宿伊勢丹の地下の野菜売場で購入できます。

ジャムにすると、甘酸っぱくて
本当においしい〜♬
食物繊維、カリウム、アントシアニンなどが豊富で
健康にも美容にも♥
毎朝、ヨーグルトに入れていただきます。

IMG_1941_convert_20141010193937.jpg




プロフィール

frua

Author:frua
イタリア家庭料理教室(Cucina Italiana Via Frua)主宰の緒方美智子のブログ

公式ホームページ

お料理教室のこと、日々のできごとを書いてます。
インスタグラムはじめました。
http://instagram.com/
michiko_ogata_viafrua

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR