FC2ブログ

Marmellata di albicocca アプリコットジャム

美味しそうな杏をスーパーで見つけたので
早速、ジャムに。
IMG_0524_convert_20140717002230.jpg


やっぱり、ヴァニラビーンズを入れると
美味しい♬
IMG_1623_convert_20140717002720.jpg

スポンサーサイト



ラ・ファソン古賀

今日はお料理の生徒さんと代々木上原にランチに。

行こうと思っていたリストランテが移転していたため
急遽、近くの「ラ・ファソン古賀」に。
住宅街の中にある、ちいさな落ち着いたレストランです。

冷製のコーンスープ、焼きトウモロコシのピュレと
コーンフレーク、黒こしょうの風味。
トウモロコシの甘みが深く、粉状のコーンフレークの
歯ごたえがアクセントになります。
IMG_1317_convert_20140716232343.jpg


サーモンのポワレ、クミン風味ラタトゥイユ。
IMG_1320_convert_20140716232802.jpg


ソースキュリー(カレー)豚バラ肉の白ワイン蒸し煮。
ここのレストランの定番のカレーだそうです。
具のないサラサラカレー。
たくさんの野菜、肉の旨味を抽出し、たくさんのスパイスで
味付けをしていて、深い味わいだけどとってもさっぱりしているカレーです。
IMG_1318_convert_20140716233106.jpg



杏のアイスクリームとガトーショコラ

パリに旅行に行った時のお土産をいただきました。
なんと、金粉がまぶしているSale!お塩です。
とってもきれい!でおもしろ〜い!
IMG_1330_convert_20140716234414.jpg

お料理の最後の仕上げのアクセントで
見せるお塩で使いたいですね♬

Zuppa di Cozze ムール貝のワイン蒸し

昨日の晩ご飯。
おひとりさま晩ご飯だから
好きなものを好きなだけ♬

大きくて美味しそうな
ムール貝を見つけたので
ワイン蒸しにして、ロゼと一緒に。

IMG_1619_convert_20140712114150.jpg

7月のお料理レッスン

先週のレッスンでは、イタリアで学んできた
「Pasta alla NORMA」
パスタ アッラ ノルマ。

シチリアの郷土パスタの代表的な
パスタ アッラ ノルマ。
トマトソースにフリットしたナス。
そして、リコッタサラータ。
水分を飛ばしたリコッタチーズをかけていただきます。

イタリアにはVioletta fiorentina
ヴィオレッタフィオレンティーナという
大きな丸ナスがあり、他のものに比べると
まろやかな味がしてとても美味しいナスです。
ですが、レッスンでは、普通の日本のナスを
フリットして使います。

きちんときつね色になるまでナスを
フリットすることがポイント。
トマトソースもていねいに煮込むことで
美味しさ倍増。
IMG_1579_convert_20140712110411.jpg

美味しくて、簡単なので生徒さんも
「今晩、作ります!!」と♬
ぜひ、作ってみてくださいね〜♥︎

Cannoli alla Siciliana カンノーリ

この間のMilanoのCucina Italiana のScuolaで習った
「Cannoli」カンノーリ。
Sicilia島出身の先生に習いました。

カンノーリはシチリア島の郷土菓子。
本当はCarnevare(カルネヴァーレ)の時に食べる
季節のDolceですが、今は一年中食べれます。

Cannoli カンノーリ、Cannolo カンノーロとは、
直訳すると小さな筒。
竹やサトウキビの茎の意味もあります。
昔は、筒状に調理する為にサトウキビの茎を
使っていたそうです。

IMG_1602_convert_20140709220828.jpg


中身のリコッタチーズのクリームに
チョコチップやオレンジピールなどを入れます。
おうちで作るので、たっぷり入れるとホント美味しい〜♬
IMG_1605_convert_20140709220444.jpg

食べる時にクリームを詰めるので
すごいサクサク感!!
買ったものや、お店では味わえない〜。

もう1本、食べちゃう♥︎

Zeppoline alla Napoletanana ナポリ風のゼッポリーネ

昨日、Napoliのマンマにおしえてもらった
Zeppoline ゼッポリーネを復習。
カンパーニャ地方の料理のひとつで揚げパンです。

クリームなどを詰めるDolceバージョンもありますが、
習ったのは、モッツァレラやトマトをつめるバージョン。

パン生地を揚げて、熱いうちに穴をあけ、
そこに中身をつめます。

出来立てはNapoliの味〜♬

IMG_1594_convert_20140709002343.jpg



Carne di cervo 鹿肉(ジビエ)

Cacciagione カッチャジョーネ。
イタリア語でジビエ料理(野鳥以外の)を意味します。

ヨーロッパなどでは、秋冬になると
猟でとれたイノシシ、シカ、ウサギ、カモなどを
調理して季節の料理として食べます。
この深い味わいは、ハマってしまうと秋冬が待ちどうしい〜❤

最近、日本でもジビエが食べれるところが
じわじわと、増えてきているようです。

今日は、ジビエの鹿肉の試食会に参加してきました。
銀座クレストンホテルの飯島総料理長さんに
いろんな部位を焼いていただきました。

シカ肉は赤身のお肉なので、とてもさっぱりしています。
羊のようなクセはまったくなく、脂身がほとんどないので
食べた後も胃は軽いです。

なんといっても、鶏のささみなみ
高タンパク、低カロリーでヘルシー♬
牛肉や豚肉の約3分の1のカロリーでタンパク質は約2倍。

そして、鉄分やビタミンB2が多く含まれているので
貧血防止や、疲労回復に適しています。
なんといっても、ダイエットに向いているお肉です!!

美容にもいい♬
一石二鳥、いえいえ、一石三鳥、四鳥なステキなお肉です♥︎

焼いて、しお、こしょうだけでもとても美味しくいただけます。

フィレと、ロースの部位を焼いていただいて
黒トリフのソースでいただいたのは、絶品でした。
IMG_1306_convert_20140708231916.jpg

今年の秋冬はジビエのシカ肉と、赤ワインですね♬



Marmellata di rabarbaro ルバーブジャム

Itariaから戻ってきた翌日に、
Mrs.berryこと赤曽部麗子先生のルバーブツアーに
参加してきました。

長野県富士見町の有名な真っ赤のルバーブ。
茎のほとんどが、きれいな深紅。
IMG_1235_convert_20140704224443.jpg


無農薬でルバーブを栽培している生産者のところで
自分たちで刈らせてもらい
IMG_1236_convert_20140704225332.jpg


家に帰って早速ジャムに。
IMG_1237_convert_20140704225551.jpg IMG_1238_convert_20140704225740.jpg


それは、それはきれいな赤いジャムの出来上がり♬
IMG_1240_convert_20140704230005.jpg

酸味のあるルバーブのジャムは、パンやヨーグルトに。
ジャムのタルトのクロスタータにも使ってみようかしら。

Italia ♬

6月の半ばから2週間ほど、
イタリアのミラノ、フィレンツェ、ナポリ周辺で
お料理の勉強しながらまわってきました。

今回は移動が多く疲れましたが
美味しいお料理もたくさん習得し、満喫してきました♬

詳しい内容は後日UPします。

IMG_0624_convert_20140704221037.jpg

IMG_0659_convert_20140704221420.jpg

IMG_0709_convert_20140704221627.jpg

IMG_0827_convert_20140704221948.jpg

IMG_1011_convert_20140704222212.jpg


プロフィール

frua

Author:frua
イタリア家庭料理教室(Cucina Italiana Via Frua)主宰の緒方美智子のブログ

公式ホームページ

お料理教室のこと、日々のできごとを書いてます。
インスタグラムはじめました。
http://instagram.com/
michiko_ogata_viafrua

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR