FC2ブログ

4月のお料理レッスンのお知らせ

Cucina Italiana Via Frua
イタリア料理教室Via Fruaの4月のレッスンのお知らせです。
ホームページからご予約を受け付けております。
http://www.viafrua.wix.com/viafrua

Corso B
7日(火)、9日(木)、10日(金)、11日(土)

メニュー
・Carpaccio di capesante con salsa di olive nere
ホタテのカルパッチョ 黒オリーブソース

・Risotto con di piselli verde ,pancetta e noci
グリーンピースとパンチェッタ、クルミのクリームリゾット

・La gelatina all'arancia
オレンジ(ブラッド)のゼリー

以上の予定です。

旬のフレッシュグリーンピースでクリームを作ります。野菜の自然な甘さや旨味を引き出した美味しいフォンドボーを作り、それでリゾットを作ります。春のリゾットいかがですか?

IMG_2861_convert_20150320120329.jpg
スポンサーサイト

3月のお料理レッスン その3

今月のお料理レッスンも無事に終わりました。

セコンドのお料理は
「Fritelle spinaci e patate」
ほうれん草とじゃがいも、サルシッチャ風味のフリット。
これは生のサルシッチャ、要するに生のソーセージを使用するのですが、日本のスーパーなどでは手に入りにくいため、イタリアの生ソーセージの中身をぶた肉とフェンネルシードで再現しました。フェンネルシードとは、ハーブのディルの種です。イタリアではFinocchio semi フィノッキオ セミと呼びます。これを入れることによって、とても美味しく、そしてイタリアの味になるのです。
みなさん、食べたことがない味だけど、美味しい〜〜〜♬と。お持ち帰りされた方々のご家族にも好評だったようです♬
IMG_2666_convert_20150319212641.jpg

ドルチェのいちごのリコッタクリームのコッパは、みなさんそれぞれご自分のものを作るので、飾り付けにも個性が出て楽しかったです。
IMG_2810_convert_20150319213623.jpg


IMG_2815_convert_20150319213840.jpg


また、来月もお待ちしております♬

3月のお料理レッスン その2

今月のお料理レッスンのdolce ドルチェは
Coppa fragola con crema di ricotta
長い名前ですが、要するにリコッタクリームといちごソースのサンデー。

IMG_2708_convert_20150310180204.jpg

いちごの季節!フレッシュのいちご、あまおうでソースを作り、ふんだんに使います。あまおうでソースを作るとそれは、それはきれいな深紅のソースが出来上がります。いちごは丸のまま煮てゴロゴロ苺とやさしいミルクの味のリコッタクリームのコンビを楽しみます♬

IMG_2970_convert_20150310181940.jpg IMG_2972_convert_20150310182211.jpg

だけど、昨日、一昨日はどこに行ってもリコッタチーズは売り切れ状態!!先週は普通にあったのに、こんな状態ははじめて!売り場の人に尋ねると、数日前にTVでリコッタパンケーキの作り方を放送したそうで、その直後から入荷するとすぐに売り切れてしまっているとか。そんな〜〜〜〜。。。。。
しかたなく、カッテージチーズで今日は代用しました。リコッタに比べると多少、塩気を感じましたが問題なく美味しくできました♬

IMG_2716_convert_20150310183538.jpg

3月のお料理レッスン

先週から3月のレッスンが始まりました。
春らしい暖かい日もあれば冬に逆戻りのような日もあり、まさに三寒四温。

さて、テーブルはフレッシュなグリーンで春らしく。
IMG_2811_convert_20150308120549.jpg

IMG_2808_convert_20150308121030.jpg


今月のプリモ ピアットは
Carbonara カルボナーラ。
好きなパスタに選ばれることの多い、このパスタはROMA発祥のパスタ。材料は卵、パルミジャーノ、ペコリーノの2種類のチーズにguanciale グアンチャーレという豚のほほ肉の塩漬けと黒胡椒が伝統的なThe Carbonaraの材料です。たっぷりとかけた黒胡椒がまるでCarbone カルボーネ(炭)のようなのでCarbonara カルボナーラと呼ばれるようになりました。

ご存知の通り生クリームは入れません。イタリアの北でも南でもカルボナーラには生クリームは入れません。イタリア人曰く、生クリームを入れるのはアメリカ人が考えたものだとか。ミラノにいた頃、ミラネーゼの幼稚園ママたちに日本のカルボナーラには生クリームを入れると話すと、みんな眉間にしわを寄せてました(笑)

グアンチャーレが本当だけどパンチェッタを使う場合もよくあります。グアンチャーレはほほ肉なので、ばら肉のパンチェッタと比べると固さがあり、脂も多いですがその分旨味も多いです。
今回のレッスンでは手軽に手に入るパンチェッタを使用。そして炒めた時に出てくる旨味たっぷりの脂にちょこっと手を加えます。

カルボナーラは基本、手順は簡単。でも簡単だからこその丁寧さが必要。そうすればトロ〜リとしたソースが絡むカルボナーラが出来上がります♬
Buon appetito ♬

IMG_2801_convert_20150308125447.jpg

プロフィール

frua

Author:frua
イタリア家庭料理教室(Cucina Italiana Via Frua)主宰の緒方美智子のブログ

公式ホームページ

お料理教室のこと、日々のできごとを書いてます。
インスタグラムはじめました。
http://instagram.com/
michiko_ogata_viafrua

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR