FC2ブログ

12月のお料理レッスン

Cucina italiana Via Frua
イタリア料理教室Via Fruaの12月のレッスンが終わりました。

12月は初のおせちレッスン。
最初からすべての品を作るのではなく、いつも用意し食べているおせちに2〜3品増やしてみては♬というコンセプトで。

おせち料理ですがクリスマスにも使えるお料理なのでテーブルはなんな〜くクリスマスの雰囲気を少々。

IMG_3933_convert_20151223131354.jpg

クリスマスから年末年始のヴァカンスを山のお家で過ごすイメージのシックで落ち着いたデーブルで。

IMG_3935_convert_20151223131559.jpg

ホタテと紅心大根のカルパッチョ 黒オリーブソース添え。最近よく見かける綺麗なピンクの紅心大根はテーブルが華やかに♬白ワインはもちろん、爽やか系の日本酒にも合います。

IMG_5899_convert_20151223132041.jpg

フードプロセッサーやミキサーがあれば簡単にできる伊達巻。おうちで作るからこそのやさしいお味は生徒のみなさんにも大好評でした♬ズッキーニとサーモンのリコッタチーズの巻物。今月はお料理の写真がほとんどなく、生徒さんが撮って下さった写真で。

IMG_5937_convert_20151223132213.jpg

ローストビーフも火の入れ方、保温をきちんとすれば綺麗なピンク色で、しっとりと柔らかく。

IMG_5936_convert_20151223132353.jpg

USMEF(米国食肉輸出連合)さまからのアメリカン・ビーフのリブアイロールでも、美味しく、しっとりやわらかくできました♪
IMG_3954_convert_20160106123537_convert_20160106123811.jpg


今年のレッスンはこれで終了です。
レッスンに来てくださったみなさま、どうもありがとうございました。来年のレッスンは2月からです。また、みなさまを楽しみにお待ちしております♬

楽しいクリスマスをお過ごしください♬
Buon Natale ♬
スポンサーサイト



クリスマスの準備 2015

12月に入ると街中がクリスマスの雰囲気が一気に高まりますね。

先日、フレッシュのクリスマスリースを作り、クリスマスツリーの飾り付けをしました。

いつも書いていますがMilanoでは12月7日のミラノの聖人 St'Ambrogio(聖アンブロージョ)の祝日にクリスマスツリーの飾り付けをしたり、Duomoドゥーモの広場のツリーの点灯をしたりします。

ミラノに住んでいた頃のパラッツォのホールには毎年、フレッシュの3メートル以上あるもみの木に、当時の管理人のシニョーラの手作りビスコッティのオーナメントで飾れ付けされ、それはそれはすてきなクリスマスツリーでした。

今年もたくさんの箱を開き、ミラノにいた頃に少しずつ集めたオーナメントを取り出し。。。
IMG_3900_convert_20151214122128.jpg


いろんなことを思い出しながら飾り付け。。。。
IMG_3901_convert_20151214122357.jpg


フレッシュのオレゴンもみからはいい香り♬
IMG_3890_convert_20151207145653.jpg


IMG_3906_convert_20151214122625.jpg


明日からのお料理レッスンもまた、楽しみにお待ちしております♬
IMG_3912_convert_20151214122749.jpg

個展ギャラリーへのお菓子

11月28日(土)から12月25日(金)までガラス作家のイイノナホさんの個展「七つの朝」がクレマチスの丘のカフェギャラリー富士山茶屋で開催されています。
イイノナホさんは古くからの友人であり、今は国内外で活躍されている作家さんです。彼女らしい柔らかくて温かい人柄がにじみ出るステキな作品をたくさん創り続けています。
http://www.clematis−no−oka.co.jp/event/christmas2015.html

IMG_5776_convert_20151207190609.jpg

今回、イイノナホさんの個展開催中に富士山茶屋で、嬉しいことに私のケーキとお菓子を提供させていただくことになりました。
ビターなベルギーチョコとドライフルーツに手作りミンスミートをたっぷりと入れた素朴だけどリッチな味わいのチョコレートケーキと、マロンケーキ。

IMG_5681_convert_20151207191713.jpg

チョコとドライイチジク、クランベリーのビスコッティ。イタリアらしい厚みのあるカットで。

IMG_2989_convert_20151207192654.jpg

コロンとしたかわいいバーチ ディ ダーマはナホさんのバルーンシャンデリアやペーパーウェイトのイメージで。イタリア産のアーモンドパウダーを使用。

IMG_3074_convert_20151207192822.jpg

せっせと楽しく作ってます♬

IMG_5767_convert_20151207193111.jpg

お土産やプレゼントに向いているクッキーたちは数に限りがあります。

IMG_5769_convert_20151207193247.jpg

ステキなナホさんの作品を鑑賞した後に、美味しいカフェと一緒にいかがですか?

クリスマスリース

先週、クリスマスリースを作りに大好きな目白の「レピス ドゥ ラ ヴィ」のレッスンに行ってきました。
http://www.lepice.jp

たっ〜ぷりのオレゴンもみ!!こんなに全部使い切れるのかしらと思いつつ、村上先生や生徒の皆さんたちと楽しいお喋り♬をしながらせっせと作業。フレッシュグリーンの癒されるいい香りの中で〜♬
IMG_5821_convert_20151207144941.jpg

最後に先生がパリなどからセレクトした、すてきなリボンの山の中からゴールドオーガンジーのようなリボンとリースのグリーンとリンクするリボンのダブル使いで。とってもボリューミーに出来て、先生や生徒さんたちからショップやレストランの扉に付けられるぐらいと(笑)
IMG_3890_convert_20151207145653.jpg

おうちに帰ってから家にあるオーナメントや松ぼっくりをプラスして。しばらく我家のリビングで森林浴できました♪
IMG_3889_convert_20151207145945.jpg

さて、次はクリスマスツリーです♪

12月レッスンのお知らせ

Cucina italiana Via Frua
イタリア料理教室 Via Fruaの12月レッスンのお知らせです。下記のホームページからご予約を受け付けております。

ホームページが新しく変わりましたのでよろしくお願いいたします。
http://www.viafrua.com

今月はおせちレッスンになります♬
すべてのお料理を作るのではなく、いつも食べていらっしゃるおせちにいくつか品数を増やしてみてはいかがですか?

8日、10日、11日、12日(満席)、16日

メニュー
・ズッキーニとサーモンのリコッタチーズ巻き
・手作り伊達巻
・鮭と野菜の南蛮柚子風味もしくは、ホタテと紅心大根のカルパッチョ
・ローストビーフ

以上の予定です。

IMG_2428_convert_20151204164518.jpg

IMG_2425_convert_20151204164704.jpg

IMG_2430_convert_20151204164850.jpg

11月のお料理レッスン

Cucina Italiana Via Frua
イタリア料理教室Via Fruaの11月のレッスンが終わりました。

11月のレッスンはクリスマスメニューでしたので、コニファーやボルドー色の紫小町、ダリアで少しだけクリスマスの雰囲気のテーブルで。

IMG_5664_convert_20151204145854.jpg


IMG_5464_convert_20151204150453.jpg

11月のPrimo piatto プリモはタレッジョチーズと洋ナシのリゾット。
ミラノ近くのベルガモにあるタレッジョ渓谷が原産地のチーズ「Taleggio」。そのタレッジョと、長野産の洋ナシのバラードを使い、先月に引続き、手作りの美味しい野菜ブロードで丁寧にリゾットを作りました。最後にはより美味しく仕上げるコツでリストランテのようなとろりとしたリゾットに仕上げます。タレッジョチーズのやさしい塩気に洋ナシのかすかな品の良い甘さ。最後に砕いたくるみが味と食感のアクセントになります。生徒さんには大好評で、早速作りました〜♬の声も多々。
IMG_5632_convert_20151204151055.jpg


Second piatto セコンドには牛フィレの赤ワインソース。厚みがある方が絶対に美味しいから、生焼けにならないコツをご伝授。
IMG_5666_convert_20151204151307.jpg


赤ワインソースも食事の時に飲むワインを使えば、味がリンクしてなおさら美味しくなります♬
IMG_5480_convert_20151204152241.jpg

Dolce ドルチェは、パンドーロを使う予定でしたが、11月だとパンドーロが手に入らず、急遽「Tprta di nonna)トルタ ディ ノンナに変更。直訳すると「おばあちゃんのケーキ」りんごを使った素朴なケーキです。イタリアの家庭には必ずあるレシピ。各家庭ごとの味があります。イタリアでは北から南まで、トルタ ディ ノンナ もしくはトルタ ディ メーレ(りんごのケーキ)という名前でオステリア、トラットリア、リストランテには、だいたい必ずあるドルチェです。そのお店ごとに味も見た目も違うので、食べ比べてみても楽しいですよ♬
プロフィール

frua

Author:frua
イタリア家庭料理教室(Cucina Italiana Via Frua)主宰の緒方美智子のブログ

公式ホームページ

お料理教室のこと、日々のできごとを書いてます。
インスタグラムはじめました。
http://instagram.com/
michiko_ogata_viafrua

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR